BLOG ブログ

薪ストーブ×レンガの家×平屋|広々とした中庭テラスのある「ゆとり」を極めた平屋の家

2020.12.17

「薪ストーブ」「レンガ積みの重厚な外観」「平屋暮らし」「広々とした中庭テラス」
“ゆとり”のある暮らしを送るために必要なものを詰め込んだ家が完成しました。

 

重厚な高級感のあるレンガの外観

120坪の広々とした土地に平屋。
建物は3LDKで「飾る空間」「見せる空間」「暮らす空間」にメリハリをつけた設計です。

道路に面している外観は見せる設計に。
レンガ積みの高級感ある建物と、ガーデニング用の植栽スペース。
家族やお客様が来ても良いように駐車場のスペースも広々とりました。

 

広々とした中庭。プライベートも守れる設計

一方で、プライバシーを確保したい中庭側には仕切りの壁を作り隣の家とは目線が重ならないように配慮。
大きな屋根のついたウッドテラスは外から見られない家族だけの空間です。

ウッドテラスには太陽の光もしっかりと入るようになっています。
大きな屋根がついているので雨の日でも安心。
使っている建材も耐久性が非常に高い木材です。メンテナンスにも手間はかかりません。

ウッドテラスで朝日を浴びながらのティータイムをしたり、家族や友人とバーベキューをしたり。
ゆとりのある時間を過ごせます。

薪ストービのあるリビング。各部屋ゆとりのある3LDKの間取り

室内の間取りは3LDK。仕切りの壁を減らし広い空間を確保したリビングは家族が集まる場所になります。

施主様こだわりの薪ストーブは、冬場の暖房器具として実用面で使えることはもちろん、インテリアとしてもリビングのアクセントになっています。

見晴らしの良いキッチンからは、家族の生活が一望できます。
TVや薪ストーブの周りは家族が「集まる空間」。
ダイニングから中庭テラスは「中と外が繋がる空間」です。

手入れやメンテナンスに手間のかかる薪ストーブは、高性能な電気製品がたくさんある今の時代、無くても生活はできます。
しかし、建主様の想いとして「メンテナンスの手間や苦労も暮らしの楽しみの一つにしたい。」と話されていました。

「便利な家電では無く、あえて自分たちで火を起こして暖をとる。この体験を楽しみながら心にもゆとりのある生活を送りたい。」とのことです。

薪ストーブの手入れを通じて、家全体のメンテナンスを意識していただければいつまでも快適な暮らしを送ることができます。もちろん、薪ストーズ以外の暖房器具も完備。
全室、床暖房・床冷房が入っているので温度のバリアフリー対策も完璧です。

将来のことも考えバリアフリーに対応。キッチン・パントリールームも広々設計

キッチン周りやパントリールームも将来のことを考え、バリアフリー設計に。
車椅子での移動でも大丈夫なように動線を確保しています。

寝室は、ご夫婦がゆっくりと寛げるようにあえてリビングとは繋げず独立した空間に設置。
繊維で織り込まれたこだわりの壁紙を使っています。

寝室からは中庭が一望でき、朝には日の光が差し込みます。

一覧へ戻る