BLOG ブログ

平屋を建てる方!知っておくことについて紹介します!

2021.04.09

平屋を建てるという方に知っておいていただきたいことがあります。
平屋のメリットや魅力についてしっかり把握した上で検討することで納得感を持った家づくりができるでしょう。
今回は、平屋の魅力と注意点について紹介します。

□平屋が人気の理由とは?

平屋の家には、複数階建ての家にはない魅力がたくさんあります。
最近では、新築で平屋の家を建てるという方も増えてきました。
平屋にはどのような魅力があるのでしょうか。

まず、ワンフロアならではの開放感があることを紹介します。
開放感は平屋の最大の魅力だと言えるでしょう。
階段がないことで生活空間がワンフロアでまとまっていることや、2階がないことで天井に勾配を付けたり、天井を高くしたりといった工夫が可能です。

また、階段が必要ないため、その分のスペースやドアも必要ありません。
大きなひと続きの空間を作りやすいため、開放感のある空間を演出できますよ。

次に、家族の顔が見えてコミュニケーションが取りやすいこともメリットとして挙げられます。
2階建ての家に住んでいると、子供部屋が2階にあることも多いですよね。
子供が部屋で長時間過ごしている場合には、コミュニケーションが取りづらい状況になりがちです。
一方で、平屋であれば子供部屋も同じ1階に位置するため、家族同士の気配を感じられますし、子供の様子も把握しやすいでしょう。

□平屋の注意点とは?

このように魅力のたくさんある平屋ですが、反対に注意点もあります。

平屋の注意点として、まず敷地面積が広くなる傾向があることが挙げられます。

平屋では2階部分がない分、1階部分だけで生活スペースを確保する必要がありますよね。
その結果、2階建てにした場合よりも敷地面積が広くなる可能性があるでしょう。
このように敷地を広く取った結果、基礎部分や屋根も広くする必要がありますよね。
その分コストがかかるでしょう。

次に、プライベートの確保が難しいという点も注意点でしょう。
先ほどは家族のコミュニケーションが取りやすいというメリットを紹介しましたが、これは反対にプライベートの確保が難しいとも取れるでしょう。

例えば、リビングで子供が騒いでいる場合、その様子が家のどこからでも分かってしまうこともあるかもしれません。
しかし、これは引き戸を設置して空間を分けることで改善できるでしょう。

□まとめ

本記事では平屋を建てる方に向けて、魅力と注意点について紹介しました。
ぜひこの記事を参考に理想のマイホームを建ててください。
また、何かお困りの際は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

平屋にとって外壁は重要です!専門家が解説いたします!

2021.04.05

平屋の外観デザインについてお考えの方はいらっしゃいませんか。
屋根や外壁についてお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
本記事では平屋の外壁について紹介します。

□平屋の外観デザインの考え方を紹介します!

平屋の外観デザインを考える際には、次のようにすると良いでしょう。

まず、平屋は2階部分がないため、屋根が比較的低い位置にあることが特徴です。
そのため、屋根が全体の見た目に与える影響は、2階建ての住宅よりも大きいと言えるでしょう。
そのため、外壁についても屋根との相性やデザインについてバランスを取ると良いでしょう。

また、外観デザインでは、窓の大きさも大切です。
平屋をお考えの多くの方が、「開放的な家にしたい」と言われます。
しかし、大きな窓を設置する際は、外からの視線についても注意する必要があるでしょう。
人通りが少ない場所であったり、植物が目線を遮っていたりする場合には問題ないでしょう。

□外壁でよくある失敗を紹介!

外壁でよくある失敗にはどのようなものがあるでしょうか。

まず、イメージしていた色と違うというケースがあります。
これは、外壁の色をカタログや小さなサンプルから選んでいる場合に起こりやすい失敗です。

原因としては、「面積効果」と呼ばれる錯覚が挙げられます。
小さな面積で見た場合と、大きな面積で見た場合では色の印象や見え方が異なるというものです。
こういった錯覚についてもプロの方と相談してから決めることで、ある程度防げるでしょう。

他にも、汚れが目立ちやすい色を選んでしまったという失敗もあります。
明るい雰囲気の外観にしたいと考えている方は多いと思います。
しかし、外壁は常に雨や風にさらされています。

そのため、泥や埃が付着することも考慮しておきましょう。
選ぶ色が鮮やかすぎたり、明るすぎたりすると汚れが目立ってしまう可能性もあります。
プロの方と相談して色を決めるようにしましょう。

次に、サッシやドアと色が合わないという場合もあるでしょう。
外壁の色を決める際は屋根やサッシ、ドアといった他のパーツとの組み合わせについても考える必要があります。
特に、屋根は面積が広いため組み合わせについて注意することがおすすめです。

先ほども紹介したように、平屋では2階建ての住宅と比較して屋根がよく見えるため、しっかりと色のバランスを取る必要があるでしょう。

□まとめ

今回は、平家をお考えの方へ向けて外壁デザインの考え方と、外壁に関するよくある失敗を紹介しました。
平屋をお考えの方は外観デザインや外壁についても考えてみましょう。
本記事が、平屋の外壁について考える際の参考になれば幸いです。

100坪の家は間取りが重要です!100坪の家の注意点も解説します!

2021.04.02

100坪の敷地に大きな家を建てようと検討している方はいらっしゃいませんか。
家を建てる際には、間取りがとても重要ですよね。
実は、100坪の大きさ目一杯に家を建てられるわけではないです。
注意するポイントやどれくらいの大きさで家が建てられるか解説するので、ぜひ参考にしてください。

□100坪の家の注意点

100坪の家と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。
一般的な平屋の合計の面積である延床面積は30〜40坪ほどです。
そのため100坪の家はかなり大きく感じるでしょう。
しかし、広い土地で贅沢に空間を使えると言っても、しっかりと計算して間取りを決める必要があります。
100坪という大きな敷地で家を建てる際に特に注意すべき建ぺい率と容積率について解説します。

建ぺい率と聞いても何かわからない方も多くいらっしゃるでしょう。
これは都市計画法ならびに建築基準法で定められている建築制限の一つです。
建物を真上から見た際の面積を建築面積と言い、敷地全体の面積を敷地面積と言いますが、その2つの面積の割合の上限を決めているものです。

決められている上限は、一般的に60パーセントでしょう。
閑静な住宅地では30パーセントと厳しく定められている地域もあります。
30パーセントである場合は、100坪の敷地面積で30坪の建物しか建てられないということです。
想像していたよりも小さいと感じますよね。

また、建築面積を考える上での注意点が、屋根付きのカーポートです。
屋根付きのカーポートも建築面積に含まれるため注意しましょう。

容積率も建ぺい率と同じ建築制限の一つです。
建物の床面積の合計と敷地面積との割合上限を示したものです。
延床面積を敷地面積で割ってパーセントで表します。
150パーセントや200パーセントが住宅地としては一般的ですが、地域によっては50パーセントや60パーセントなどもあります。

□100坪の家の間取り

上記で解説した建ぺい率と容積率を踏まえて間取りを考える必要があります。
建ぺい率が60パーセントの場合は60坪の家が建てられて、容積率が150パーセントの場合は延床面積が150坪となります。

このケースを平屋に当てはめると、60坪の家が建てられるためその中で間取りを考える必要があります。
60坪の家では一般的に世帯人数が7人で快適に住めると言われているため、間取りも広く贅沢に取れます。
広めのリビングやキッチン、洗面所の他にも個室を設けるスペースも十分にあるでしょう。

□まとめ

100坪の家はとても大きいものを想像しますが、建ぺい率や容積率などに注意が必要です。
家を建てようと検討している地域の行政で上限を事前に確認しておきましょう。