BLOG ブログ

注文住宅で住宅ローンを利用したい方へ!利用する流れや注意点を解説します!

2023.01.29

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅を検討されている方には、ローンを組んで購入する予定の方も多いでしょう。
人生でも指折りの大きな買い物ですから、通常の融資とは大きく異なる部分もあります。
今回は、注文住宅におけるローンを利用する手順や、ローンを利用する際の注意点について解説します。

□注文住宅で住宅ローンを利用する際の流れ

住宅ローンを組む際には、最初に建設会社とプランや見積もりについて決定します。
この時プランと見積書を用意して、金融機関にローンを申し込みます。
この事前審査が通れば、プラン通りに会社と工事の契約を結びます。

工事契約を結ぶ際には、契約書にローン特約があるか必ずチェックしてください。
ここで指すローン特約とは、事前審査で通ったローン契約が本審査で通らなかった場合に、契約を解除できる約束のことです。
金融機関の事前審査は、通ったからと言って本審査通過を確約するものではありません。

このローン特約がなかった場合、本審査で落ちた際に工事契約を解除できず、ローンでお金を用意できていないのに住宅を建てることになります。
ほとんどの会社はローン特約の有無にかかわらず契約を解除してくれますが、保身のためにも、必ず特約はチェックしましょう。

ローンの本審査は、建築確認ができた後に申し込みます。
基本的にローンのお金は、契約者に直接振り込まれません。
支払いが必要なタイミングで金融機関から建設会社に直接支払われます。

□住宅ローンを使用する際の注意点とは?

住宅ローンは融資金額が非常に高額な分、注意すべき点も多くあります。
今回紹介するのはほんの一部ですので、ご自身でも調べてください。

1つ目の注意点は、金融機関によって条件が大きく異なることです。
つなぎ融資や分割融資などは、そもそも取り扱っていない金融機関があったり、金融機関によって条件が異なる場合があります。
つなぎ融資や分割融資を受ける予定の方は、申し込む金融機関がそれらを取り扱っているか、条件は適切か確認しておきましょう。

2つ目の注意点は、金利の変動です。
よくある金利の勘違いとして、ローン契約時の金利とローン実行時の金利の違いがあります。
ローンは組んだ時ではなく、実行された時の金利が適用されます。
金利の上昇を避けるためにも、金利の変動は考慮しておきましょう。

□まとめ

今回は、住宅ローンを組む手順や、ローンを組む際の注意点について解説しました。
事前審査が通っても安心できない点や、ローンを組んだ後に金利が変動する可能性など、ややこしい点が多かったと思います。
これ以外にも注意点は多くあるため、確認しておきましょう。

注文住宅では現金はいくら必要?現金で支払うものには何があるか紹介します!

2023.01.25

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅を建てたい方には、初めに用意するべき金額がわからずに困っている方も多いのではないでしょうか。
建設費用以外には何が必要なのか、その中から現金で支払うべきものはどれかなど、考えるべきポイントはいくつかあります。
そこで今回は、注文住宅を建てる上で用意すべき現金について、種類ごとに解説します。
後半では現金で支払う際の注意点について解説するので、最後まで読んでいただけますと幸いです。

□注文住宅で現金はいくら必要になる?

現金で支払うべきものには、必ず現金で支払うものと、ケースに応じて現金で支払うものがあります。
今回は、必ず現金で支払うものをいくつか解説します。

1つ目は、住宅の手付金です。
手付金は、明確に支払う金額の基準がありません。
一般的に住宅の本体価格の10パーセント程度が主流ですが、フルローンの場合でも数万円以上は支払うケースがほとんどです。
支払う基準がないため、契約前に確認しておきましょう。

2つ目は、土地の手付金です。
こちらは建物に加えて、土地も購入した場合に支払います。
こちらも金額に明確な基準はありません。
土地代金の5パーセントから10パーセント程度が主流ですが、土地代金があまりにも高い場合は会社と相談して金額を決定します。
こちらも契約前に確認しておきましょう。

□現金で費用を支払う際の注意点

注文住宅では土地や建物などの本体価格だけでなく、前述の手付金や仲介手数料など、必要になる諸費用がいくつかあります。
住宅費用を現金で支払う際、資金計画に余裕がないと、これらの諸費用が支払えない可能性があります。
そのため、資金計画は本体価格だけでなく、諸費用も想定した金額を用意しておきましょう。

住宅ローンを組む場合でも、諸費用のうちどこまでをローンで支払えるのか確認することが大切です。
ローンに含まれなかった想定外の出費が発生することを避けましょう。
想定外の出費が発生することで予算オーバーすることもあるので注意が必要です。

また、外構工事費や地盤改良工事費などの、想定外の追加費用が発生する場合もあります。
資金計画に諸費用を含めておくだけでなく、追加費用に備えて余裕のある資金計画を立てましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する際に必要になる現金や、住宅を現金で購入する際の注意点について解説しました。
注文住宅は予算内で住宅を建てることを意識しがちですが、それ以外の部分でも費用がかかる点に注意しましょう。
ローンに含められる諸費用と、含まれない諸費用を区別することも大切です。

注文住宅の間取りの決め方とは?間取りの失敗例も紹介します!

2023.01.21

住まいの発見館会社ロゴ注文住宅の間取りは、今後の生活の快適さを決める非常に大切な項目です。
自由度が高い注文住宅だからこそ、生活の快適さは徹底的に追及したいところでしょう。
そこで今回は、注文住宅を決める方法を手順に沿って解説します。
後半では間取りの失敗例も解説するので、間取りを考えるポイントをつかんでいただければ幸いです。

□注文住宅の間取りの決め方とは?

間取りを決める上で最初に行うのは、用途ごとのエリアの分割です。
ここではそれぞれの部屋の用途を決定し、部屋の配置を大まかに決定します。
部屋の用途を決めておくことで、近くにまとめるべき部屋の組み合わせがわかる場合があります。
家族構成に応じて、部屋に役割を割り当てましょう。

ある程度エリアを分割できたら、さらに詳細な間取りを考えていきます。
今度は部屋の役割だけでなく動線も考え、部屋と部屋の繋がりも意識しましょう。
例えば洗濯を想定した場合、洗濯機のある洗面所から洗濯物を干す場所は近くに配置するべきです。
このように、家事に使う部屋はセットで考えましょう。

快適な生活動線も確保できたら、間取りに合わせて収納を配置します。
収納を配置する際も、生活動線を意識することがポイントです。
例えば朝身支度を整える洗面台の近くに、クローゼットがあったら便利でしょう。
このように、家事や身支度で使う部屋の近くに、その部屋で使う道具があると便利です。

□間取りの失敗例をご紹介!

間取りの失敗例で代表的なものを、2つ紹介します。

1つ目は、部屋が狭すぎるケースです。
役割ごとに部屋を配置することも大切ですが、それぞれの部屋に必要な広さを確保することも大切です。
部屋が狭いと必要な収納や家具が配置できない場合があり、快適に過ごせません。

また、ある程度広い部屋であれば、今後2つに分割して使うことも可能です。
子供が自立した場合や、親世帯と住む場合など、将来のケースも想定して間取りを考えましょう。

2つ目は、水回りの間取りに関する失敗です。
水回りは流水音が出るため、特に騒音に注意する必要があります。
例えばトイレの横に寝室を設けた場合、家族が深夜にトイレに行った際、目が覚めてしまう場合があります。
騒音の影響を受けたくない部屋は、水回りから遠ざけましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りの決め方について解説しました。
紹介した手順を守るだけでは、間取りで失敗してしまう場合があります。
そのため、間取りの失敗例についてよく知り、対策しましょう。
何か気になることがある場合には、お気軽にお問い合わせください。

平屋を検討している方へ!中庭があっておしゃれな平屋の間取りの例をご紹介!

2023.01.17

住まいの発見館会社ロゴ平屋と中庭は非常に相性が良いことをご存知でしょうか。
平屋は窓の位置が低く日当たりが悪いため、日中でも部屋が暗くなりがちです。
そこで中庭を取り入れると、平屋の内側から光や風を取り入れてくれるため、日当たりの悪さを解消し、通気性も高めてくれます。

もし中庭を取り入れるなら、見た目にはこだわりたいでしょう。
今回は、中庭を取り入れた平屋のおしゃれな間取り例や、中庭で失敗しないためのポイントについて解説します。

□中庭があっておしゃれな平屋の間取り例

平屋の中庭は、それぞれ形が異なります。
まず、平屋の中央に設ける場合です。
平屋の中央に設ける場合、平屋全体で取り囲むような形の中庭になります。
中庭を外から見られないため、プライバシーを確保したい方に適しているでしょう。

周囲の視線を遮り、落ち着きのあるおしゃれな空間にしたい方におすすめです。

次に、コの字型に設ける場合です。
前者は平屋の中央に中庭を設けるのに対し、こちらは建物自体で中庭を取り囲むようにコの字につくります。
中庭の一部が外側に繋がっているため、広くて開放感のある中庭をつくりたい方に適しています。

一方で、中庭を一周できる動線が確保できない点に注意しましょう。

最後に、L字型に設ける場合です。
こちらは中庭に対してL字に囲むように建物をつくります。
中庭を囲むというより、中庭に建物を隣接させるとお考え下さい。
こちらはコの字型以上に開放感がある反面、プライバシーは比較的確保しにくいのが特徴です。

□中庭を設けて失敗しないためのポイントとは?

後悔しないためのポイントを、2つ紹介します。
1つ目は、生活動線を必ず確保することです。
先ほども述べたように、コの字型やL字型は、回遊型の動線を確保できません。

そのため動線を工夫しないと、洗濯物を取りにコの字の反対方向まで移動する必要がある、といったトラブルが考えられます。
中庭に何が近いと良いのか、それは個人の生活スタイルによって大きく変化します。
自分にとってどの位置に中庭があると使いやすいのか考えましょう。

2つ目は、効果的に光や風を取り込むことです。
中庭は家の内側から光や取り込める貴重な光源です。
そのため、リビングやダイニングなど、過ごす時間が長い場所の近くに設けましょう。

□まとめ

今回は、中庭がある平屋のおしゃれな間取りや、中庭づくりで失敗しないためのポイントについて解説しました。
中庭のデザインも大切ですが、まずは中庭をどこに設けるか、が重要です。
中庭づくりの参考になりましたら幸いです。

平屋と二階建てどちらを選べば良い?どちらにするか決める際のポイントをご紹介!

2023.01.13

住まいの発見館会社ロゴ

近年は平屋住宅も話題になっていますが、皆さんはどちらに興味を持たれていますか。
メリットの多い平屋ですが、二階建て住宅にも魅力があります。
今回はそれぞれのメリットや決める際のポイントを紹介するので、後悔のない家づくりの参考にしていただければ幸いです。

□平屋と二階建てのそれぞれのメリット

平屋のメリットは、快適性が高いことです。
階段の昇降がないため、生活動線は二階建て住宅に比べて短くなる傾向にあります。
動線が短いと家事のストレスも減るため、快適に暮らせるでしょう。

また、高齢の方にとっても快適な点が魅力です。
高齢の方にとって、階段は大きな負担になってしまいます。
平屋では階段がないため、高齢の方の負担が少なく、ご家族が怪我の心配をする必要もありません。
二階建て住宅では、二階に高齢の方の部屋を配置できないといった制限が考えられますが、平屋ではそのような心配もありません。

一方の二階建て住宅は、土地の広さやコストに対して部屋の広さを確保しやすい点が魅力です。
二階建て住宅は二階部分にも部屋を確保できる分、平屋に比べて必要な土地面積が少なくなります。
そのため平屋に比べて土地にかかる費用が少なくなり、総費用は平屋に比べて安くなる傾向にあります。

□平屋か二階建てか決めるときのポイントとは?

平屋か二階建てか決める上で大切なのは、住宅に何を求めるのか考えることです。
例えば予算を抑えることを重要視する場合、比較的コストを抑えられる二階建て住宅が適しています。

一方で高齢の方が住みやすい住宅を目指す場合、階段の負担がない平屋が適しています。
予算や家族が求めるものを考えたうえで、住宅を検討しましょう。

他の基準として、家族構成から考える方法があります。
平屋は壁のみで空間を区切っているため、二階建て住宅に比べて家族とのコミュニケーションが増える傾向にあります。

一方の二階建て住宅は上下で空間を区切れるため、平屋住宅以上にプライバシーを確保できます。
お子さんに子供部屋が必要な場合にはぴったりですので、ケースに合わせた間取りを選びましょう。

□まとめ

今回は、平屋住宅と二階建て住宅のメリットを解説し、どちらを選ぶべきか考えるポイントについて解説しました。
それぞれ優れている点はありますが、平屋住宅と二階建て住宅に明確な優劣はつけられません。
ご自身が求めている条件や要望に沿ったものにより近い方を選びましょう。
この記事がお役に立てますと幸いです。

平屋を最高の間取りにするために注意すべきことを紹介します!

2023.01.09

住まいの発見館会社ロゴ近年では、おしゃれな点に惹かれて平屋を選ぶ人が増えています。
 
しかし、平屋は二階建てに比べて使える部屋の広さが狭く、理想の間取りを考えるためには工夫が必要です。
平屋の間取りを考えるポイントを押さえて、理想の間取りを実現させましょう。
今回は、平屋のメリットや、理想の間取りを実現するためのポイントについて解説します。
 

□間取りに関する平屋のメリットとは?

 
二階を作らないため部屋が狭くなりがちな平屋ですが、部屋と部屋の繋がりを感じやすいメリットがあります。
二階建て住宅は空間を上下で完全に分断してしまいますが、平屋は壁のみで空間を分けています。
プライバシーが保ちにくい一方で、家族とのコミュニケーションを取りやすい点が魅力です。
思春期のお子さんでも、話すきっかけを作るには最適な間取りでしょう。
 
また、階段がないことで快適な生活を送れる点もメリットです。
特に高齢の方にとっては、階段は大きな負担になります。
また、階段は私たちにとっても、家事をする上では大きな負担になります。
例えば一階の洗濯機から二階のベランダに洗濯物を干しに行く場合、重い洗濯物を持って階段を上るのはストレスになるでしょう。
 
このように階段の昇り降りは、生活の快適さを損ねるものと言えます。
 

□平屋を最高の間取りにするために注意すべきこと

 
1つ目の注意点は、周辺環境を考慮することです。
平屋は二階部分が存在しないため、高い位置に窓を設けられません。
そのため二階建て住宅に比べて光を取り込みにくく、日当たりが悪くなる傾向にあります。
 
これに加えて周辺に高い建物が建っていると、さらに日当たりが悪くなってしまいます。
建物が低い分、周辺の建物によって日当たりや風通しが左右されやすい点が、平屋のデメリットです。
そのため、周辺にマンションやビルがないか、建設予定はないか、チェックしておきましょう。
 
2つ目の注意点は、プライバシーを確保することです。
平屋はどの部屋も一階にある分、外からの視線も受けやすい特徴があります。
そのため、周囲の視線を遮れるような工夫を施しましょう。
例えば、リビングが通りから見えないように植栽を配置する、近所からトイレは遠ざける、などの工夫があります。
 

□まとめ

 
今回は、平屋のメリットや、平屋を最高の間取りにするためのポイントを解説しました。
生活の快適さがメリットの平屋ですが、プライバシーや周辺環境など、二階建て住宅以上に注意する点があります。
これらを踏まえて、最高の平屋住宅を考えましょう。

近年では、おしゃれな点に惹かれて平屋を選ぶ人が増えています。

 
しかし、平屋は二階建てに比べて使える部屋の広さが狭く、理想の間取りを考えるためには工夫が必要です。
平屋の間取りを考えるポイントを押さえて、理想の間取りを実現させましょう。
今回は、平屋のメリットや、理想の間取りを実現するためのポイントについて解説します。
 
□ 間取りに関する平屋のメリットとは?
 
二階を作らないため部屋が狭くなりがちな平屋ですが、部屋と部屋の繋がりを感じやすいメリットがあります。
二階建て住宅は空間を上下で完全に分断してしまいますが、平屋は壁のみで空間を分けています。
プライバシーが保ちにくい一方で、家族とのコミュニケーションを取りやすい点が魅力です。
思春期のお子さんでも、話すきっかけを作るには最適な間取りでしょう。
 
また、階段がないことで快適な生活を送れる点もメリットです。
特に高齢の方にとっては、階段は大きな負担になります。
また、階段は私たちにとっても、家事をする上では大きな負担になります。
例えば一階の洗濯機から二階のベランダに洗濯物を干しに行く場合、重い洗濯物を持って階段を上るのはストレスになるでしょう。
 
このように階段の昇り降りは、生活の快適さを損ねるものと言えます。
 
□ 平屋を最高の間取りにするために注意すべきこと
 
1つ目の注意点は、周辺環境を考慮することです。
平屋は二階部分が存在しないため、高い位置に窓を設けられません。
そのため二階建て住宅に比べて光を取り込みにくく、日当たりが悪くなる傾向にあります。
 
これに加えて周辺に高い建物が建っていると、さらに日当たりが悪くなってしまいます。
建物が低い分、周辺の建物によって日当たりや風通しが左右されやすい点が、平屋のデメリットです。
そのため、周辺にマンションやビルがないか、建設予定はないか、チェックしておきましょう。
 
2つ目の注意点は、プライバシーを確保することです。
平屋はどの部屋も一階にある分、外からの視線も受けやすい特徴があります。
そのため、周囲の視線を遮れるような工夫を施しましょう。
例えば、リビングが通りから見えないように植栽を配置する、近所からトイレは遠ざける、などの工夫があります。
 
□まとめ
 
今回は、平屋のメリットや、平屋を最高の間取りにするためのポイントを解説しました。
生活の快適さがメリットの平屋ですが、プライバシーや周辺環境など、二階建て住宅以上に注意する点があります。
これらを踏まえて、最高の平屋住宅を考えましょう。

近年では、おしゃれな点に惹かれて平屋を選ぶ人が増えています。

しかし、平屋は二階建てに比べて使える部屋の広さが狭く、理想の間取りを考えるためには工夫が必要です。
平屋の間取りを考えるポイントを押さえて、理想の間取りを実現させましょう。
今回は、平屋のメリットや、理想の間取りを実現するためのポイントについて解説します。

□間取りに関する平屋のメリットとは?

二階を作らないため部屋が狭くなりがちな平屋ですが、部屋と部屋の繋がりを感じやすいメリットがあります。
二階建て住宅は空間を上下で完全に分断してしまいますが、平屋は壁のみで空間を分けています。
プライバシーが保ちにくい一方で、家族とのコミュニケーションを取りやすい点が魅力です。
思春期のお子さんでも、話すきっかけを作るには最適な間取りでしょう。

また、階段がないことで快適な生活を送れる点もメリットです。
特に高齢の方にとっては、階段は大きな負担になります。
また、階段は私たちにとっても、家事をする上では大きな負担になります。
例えば一階の洗濯機から二階のベランダに洗濯物を干しに行く場合、重い洗濯物を持って階段を上るのはストレスになるでしょう。

このように階段の昇り降りは、生活の快適さを損ねるものと言えます。

□平屋を最高の間取りにするために注意すべきこと

1つ目の注意点は、周辺環境を考慮することです。
平屋は二階部分が存在しないため、高い位置に窓を設けられません。
そのため二階建て住宅に比べて光を取り込みにくく、日当たりが悪くなる傾向にあります。

これに加えて周辺に高い建物が建っていると、さらに日当たりが悪くなってしまいます。
建物が低い分、周辺の建物によって日当たりや風通しが左右されやすい点が、平屋のデメリットです。
そのため、周辺にマンションやビルがないか、建設予定はないか、チェックしておきましょう。

2つ目の注意点は、プライバシーを確保することです。
平屋はどの部屋も一階にある分、外からの視線も受けやすい特徴があります。
そのため、周囲の視線を遮れるような工夫を施しましょう。
例えば、リビングが通りから見えないように植栽を配置する、近所からトイレは遠ざける、などの工夫があります。

□まとめ

今回は、平屋のメリットや、平屋を最高の間取りにするためのポイントを解説しました。
生活の快適さがメリットの平屋ですが、プライバシーや周辺環境など、二階建て住宅以上に注意する点があります。
これらを踏まえて、最高の平屋住宅を考えましょう。

平屋にはトイレが2つ必要?1個と2個のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介!

2023.01.05

住まいの発見館会社ロゴ平屋はフロアが1つしかない分、トイレも1つで良いと考える方が多いでしょう。

しかし、朝忙しい時にトイレが1つでは困ってしまいますよね。

では、どんなケースでトイレが2つ必要になるのでしょうか。
今回は、トイレが2つの場合と1つの場合それぞれのメリットを解説します。
あなたのケースではどちらが適しているのか、参考になれば幸いです。

□平屋にトイレを2つ設けるメリットとデメリット

平屋住宅における2つ目のトイレは、主に緊急時に役立ちます。
朝時間のない場合や、家族が感染症を患った場合、トイレが故障した場合などの、家の中で起こるトラブルを一時的に解決してくれるのが2つ目のトイレです。

さらに、役立つのは緊急時だけではありません。
来客用と家族用のトイレを分けておくことで、誰もがトイレを安心して使えます。

一方のデメリットは、費用の高さや、トイレに使うスペースが増える点です。
トイレを1つ増設する場合、トイレ本体の価格に加えて、設置費用も増えてしまいます。
特に予算に余裕がない場合は、本当に2つ必要か慎重に検討しましょう。

また、トイレが占めるスペースも2倍になってしまいます。
平屋は土地の広さに対して使える部屋の広さが狭いため、二階建て以上に居住スペースを圧迫してしまいます。

□トイレを1つにするメリットとデメリット

トイレを1つにするメリットとデメリットは、基本的に2つ設ける場合の逆になるとお考え下さい。
主なメリットは、建設費用やリフォーム費用を抑えられることです。
建設時にかかる費用はもちろん、その負担はリフォームにも影響があります。
2人暮らしの場合を代表とする、トイレが2つ必要ない場合は、トイレを1つにすることを検討しましょう。

一方のデメリットは、先ほど紹介したような緊急事態に対処しにくいことです。
例えばトイレが故障した場合、一時的に家のトイレが使えなくなります。
また、朝や全員が帰宅する夜には、トイレが混雑してしまう場合があります。
特に世帯人数が多い場合は注意しましょう。

また、1つしか設置しない場合、生活動線に気を付けて配置する必要があります。
平屋は平面上にすべての部屋を配置するため、トイレまでの動線が不平等になってしまう場合があります。
トイレから遠い部屋を作らないように注意しましょう。

□まとめ

今回は、平屋にトイレは1つで十分なのか、2つ必要なのか、それぞれのメリットやデメリットを解説しました。
平屋にトイレは2つもいらないと考えていた方も、2つ設置することのメリットの多さに驚いたのではないでしょうか。
この記事がお役に立てますと幸いです。

犬と暮らす間取りを考えるポイントとは?犬の特徴から解説します!

2023.01.02

住まいの発見館会社ロゴ

 

新居で犬と暮らすことを検討されている方は、まず犬の特徴についてよく考える必要があります。
犬の好きなことや得意なこと、苦手なことを知ることで、犬と暮らしやすい間取りやデザインも考えやすくなります。
今回は、広い土地を生かした犬と暮らしやすい家づくりの考え方を解説します。

□ 間取りを考える上で大切な犬の特徴を解説します!

犬の好きなことや好きな場所は、主に2つあります。
1つ目は、運動です。
犬は特に、ストレス発散できるお散歩を好みます。
一方で、毎日お散歩させるのは大変ですし、シニア犬は散歩では負担が大きすぎますよね。

家の中にドッグランを設ければ、シニア犬でも負担をかけすぎることなく運動できます。
お散歩は準備や片付けも大変なため、私たちにとっても負担の大きなものです。
私たちの負担を減らすためにも、犬専用の足洗場や玄関収納を設けましょう。

2つ目は、狭い場所です。
犬は穴のように狭い場所を好む一方で、孤独を感じてしまうような空間は好みません。
そのため、室内で一緒に暮らす際には適度な距離感が必要になります。
インナーテラスのような犬だけのスペースを設けて、適度な距離感を保ちましょう。

犬の苦手なことは、孤独になることです。
犬は家族と生活や行動を共にすることを好み、お留守番のように一人でいることを嫌います。
そのため、犬の目線の高さに合わせた窓を設けて、家族を迎えられる窓があると良いでしょう。

□ 犬と暮らすための間取りのポイントを2つ解説します!

1つ目は、ドッグランの設置です。
広い土地に家を建てて犬と過ごしたいと考えている方には、ドッグランが特におすすめです。
ドッグランがあれば、室内でも自分の好きな時に運動できるようになります。
一方で、ドッグランを設けるには敷地面積に余裕が必要な点に注意しましょう。

2つ目は、床材や壁材に配慮することです。
犬の場合、フローリングは滑りやすく危険な場合があります。
どうしてもフローリングにしたい場合は滑り止め加工が施された床材や、元々滑りにくい素材を選びましょう。
特に無垢材は触り心地も良いため、おすすめです。

また、壁材に珪藻土を採用すると、消臭効果や防音効果が期待できます。
犬だけでなく、私たち自身が快適に過ごすためにも、壁材や床材は重要です。

□まとめ

今回は、犬の特徴や、犬と暮らす間取りを考えるポイントについて解説しました。
犬の好きなことや苦手なことを知ることで、お互いにとって過ごしやすい家づくりを目指しましょう。
この記事がお役に立てますと幸いです。

8月3日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード