BLOG ブログ

注文住宅にパントリーは必要?メリットやデメリットを解説します!

2023.07.09

住まいの発見館会社ロゴ

現在キッチンの収納が足りなくて困っている方の中には、パントリーの導入を考える方も多いでしょう。
パントリーは収納力が増えるだけでなく、キッチンがスッキリするため、導入して良かったと感じられる方が多いです。

しかし、パントリーにはデメリットもあることを忘れてはなりません。
今回はメリットやデメリットなど、パントリーの導入について解説します。

□注文住宅でパントリーを取り入れるべき理由

まずは、パントリーのメリットを3つ解説します。

*キッチン用品や食料品を整理できる

パントリーは扉のついているものとついていないものがあります。
その中で扉のないパントリーには調理器具や食糧品を一目で見つけられる、というメリットがあります。
使用頻度の高いものが手前に来るように整理できると、非常に使いやすく感じるでしょう。

*収納力が大幅に上がる

パントリーは壁面を使って設ける場合が多いため、大容量の収納棚として使えます。
特に食料品をまとめ買いする方や、家族が多い方におすすめです。
災害時に備えて食料品を備えておけるため、万が一の時も安心です。

*在庫管理や整理整頓が楽

パントリーはキッチン用品や食糧品専用の収納として使う場合が多いため、キッチン周りがごちゃごちゃしにくくなります。

また、食糧品がまとめてあることで、足りない食糧品を調べやすくなります。
足りない食糧品を買い忘れたり、反対にまだある食糧品を余分に買ってしまうことが減るでしょう。

□パントリーのデメリット

パントリーのデメリットは、主に2つあります。

1つ目は、費用が高くなりやすいことです。

パントリーの大きさや構造によって費用は異なりますが、一般的にパントリーの費用は15万円ほどです。
どうしても取り入れたくて予算オーバーしてしまう場合は、他の部分で費用を抑えることや、予算を見直すことを考えましょう。

2つ目は、広いスペースが必要になることです。

パントリーは1、2畳程度のスペースかキッチンの壁面を確保する必要があります。
そのため、他のスペースを圧迫したくない方や部屋数を増やしたい方にはパントリーはおすすめできません。
同様の理由から、間取りにも注意する必要があります。

□まとめ

今回は、注文住宅でパントリーを設けるメリットやデメリットについて解説しました。

パントリーは非常に便利な収納ですが、広いスペースを必要とするため、間取りを圧迫してしまう可能性もあります。
今一度本当に必要か、デメリットも確認しながら検討していただけますと幸いです。

注文住宅の内装をおしゃれに仕上げるのは難しい?ポイントを守ることが大切です!

2023.07.05

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅を建てる上で、内装には特にこだわりたいと考える方は多くいらっしゃいます。
特にリビングや寝室は過ごす時間が長いため、おしゃれでくつろげる空間を作りたいですよね。

おしゃれな空間を造るためには、手順に沿って決めていくことが大切です。

今回は、注文住宅の内装をおしゃれに仕上げるための手順や、ポイントについて解説します。

□注文住宅の内装を決める基本的な手順

今回は、4つのポイントをステップごとに紹介します。

1つ目は、テーマやテイストです。

シンプルモダンや和モダン、洋風など、住宅のテーマを決めます。
ここで決めたテーマを家造りの方針として進めていくため、慎重に決めましょう。

2つ目は、カラーです。

内装に使うカラーが多すぎるとごちゃごちゃしてしまうため、3色以内に収めるのが理想です。

ベースとなる色を1つ、それに合わせる色を1つ、差し色として使う色を1つ選ぶと、バランスよく決められるでしょう。
ベースとそれに合わせる色は、同系色の色や明るさの近い色を選ぶと統一感が出ます。

3つ目は、素材です。

同じ色でも素材によって雰囲気が変わるため、素材は実物を見た上で選びましょう。
部屋に奥行きを出すために、異なる素材の家具を取り入れることがポイントです。
特におすすめの素材は、無垢材や漆喰などの天然素材です。

4つ目は、統一感です。

上記の項目について、同系統の物をそろえて統一感を出しましょう。
カラーや素材感がバラバラだと、まとまりのない内装になってしまいます。

□おしゃれに仕上げるために大切なポイント

今回は、ポイントを2つ紹介します。

*実物を見て決める

内装材のカラーや質感は、写真で見るのと実物を見るのとでは大きく異なります。
特に床材は素足で触れることも多いため、触れて確かめることも大切です。
実際に建てた後のイメージの食い違いを防ぐためにも、できるだけ自分の目で確かめて選びましょう。

*日当たりを想定して照明や内装材を選ぶ

内装材は、光の当たり方によっても雰囲気が変わります。

日光が当たる場合と、室内の明るい照明が当たる場合では雰囲気が変わるため、イメージと食い違いが生じる場合があります。
照明の組み合わせも、日光の当たり方を想定して決めましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の内装を決める基本的な手順や、おしゃれに仕上げるためのポイントについて解説しました。
注文住宅の内装は、まとまりをもたせることが成功のポイントです。
そのためには、それぞれの項目ごとで統一感をもたせた上で仕上げることが重要です。

注文住宅でこだわりたいポイントや理想をかなえるためのコツをご紹介します

2023.07.03

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅は、個人のこだわりを存分に反映できる点が魅力ですよね。
機能やデザインにこだわった住宅にしたいと考える方も多いでしょう。

しかし、機能や要望を好きなだけ詰め込んでいくと、容易に予算オーバーしてしまいます。
そこで今回は、注文住宅でこだわるべきポイントや、こだわりを叶えるためのポイントについて解説します。

□注文住宅でこだわりたいポイント

1つ目のポイントは、間取りです。
間取りは、生活の快適さにおいて最も重要なポイントといえるでしょう。
生活スタイルは家庭によって異なるため、それぞれに合わせた間取りを考えることが大切です。
注文住宅は間取りを自由に考えられるため、生活動線や家族同士の距離感などを考えて間取りを決めましょう。

2つ目のポイントは、外観です。
外観は、住宅の顔ともいえる場所です。
内装以上に目を引くような個性あるデザインも取り入れやすく、こだわる方も多い場所です。
素敵な内装も、外観の第一印象がいまいちでは台無しになってしまうでしょう。

こだわりを取り入れることも大切ですが、周辺環境に調和する家づくりも意識して外観を考えましょう。

3つ目のポイントは、内装やインテリアです。
内装は色や素材、家具や小物など、細かな部分まで考える必要があります。
その分こだわりも反映されやすく、洗練されたデザインにしたいと考える方も多いでしょう。
既存の家具で満足できない方は、オーダーメイドも検討しましょう。

□こだわりの注文住宅を叶えるには?

1つ目のポイントは、流行に流されないことです。
間取りやキッチンなどには流行がありますが、それらがご自身の生活スタイルに合うとは限りません。
例えば、夜勤で帰りの遅い家族がいる場合や、玄関先での来客対応の多い場合など、様々なケースがあります。
人気の間取りではなく、ご自身にあった間取り設計を意識しましょう。

2つ目のポイントは、細かな部分までこだわることです。
対面キッチンや吹き抜けなどの要望をお持ちの方は多くいらっしゃいますが、北側の部屋の採光や、リビングの空調性能など、目に見えない部分までこだわる方は少ない傾向にあります。
目に見えない部分でも暮らしの快適さに大きく影響しているため、細かな部分までこだわりましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅でこだわるべきポイントや、こだわりを叶えるためのポイントについて解説しました。
外観や間取り、インテリアなど、形になる部分でこだわるのも大切ですが、目に見えない部分までこだわると、長く快適に住み続けられる家になるでしょう。

横長の土地を生かした間取りとは?メリットやデメリットを解説します!

2023.06.29

住まいの発見館会社ロゴ

横長の土地は使いにくい、とお考えの方は多くいらっしゃいます。
住宅の中心部は光を取り込みにくく、一般的には住宅を建てる上で不利と考えられてしまうためです。

しかし、横長の土地はデメリットだけでなく、メリットも多く存在します。
さらに、土地の使い方次第ではデメリットもメリットに変えられるでしょう。
今回は、横長の土地を活かした間取りのメリットやデメリット、土地を活かすポイントについて解説します。

□横長な間取りのメリット

1つ目は、動線をシンプルにまとめられることです。
住宅全体を左右に分割して間取りを考えるため、食事やお風呂、収納など、役割ごとに部屋を配置しやすくなります。
住宅が横に長いため、動線を直線状に配置して短く快適にできるでしょう。
例えば、浴室・洗面所・ランドリールーム・ウォークスルークローゼット・玄関を一直線に配置すると、家事がスムーズです。

2つ目は、適度にプライバシーを保てることです。
住宅の中で役割を左右に分割できるため、家族の部屋を左右に分けることで、適度な距離が生まれます。
特に二世帯住宅の場合は、玄関を中心に、左右に分かれるような間取りにすると良いでしょう。

3つ目は、奥行きを活かして部屋を広く見せられることです。
リビングに奥行きを持たせることで、面積以上に広く見えるような部屋に仕上がります。
一直線の廊下を設ければ、さらに奥行きを感じられるでしょう。

一方で、一直線の廊下は家族の気配を感じやすくなり、プライバシーに欠ける点がデメリットです。

□横長の土地を活かすポイント

1つ目は、吹き抜けを設けることです。
横長な家の構造上、どうしても家の中心部は光を取り込みにくくなってしまいます。
この問題を解消するために、吹き抜けや室内窓を使って住宅の内側から光を取り込みましょう。

また、部屋の配置も採光面に考慮して考えることが大切です。
例えば、日当たりが最も良い南側には、リビングやキッチンなど、家族が集まる場所を配置すると良いでしょう。

2つ目は、横に細長い部屋づくりを意識することです。
横長な家は縦方向に短く、縦の長さに合わせて部屋をつくると狭い部屋になってしまいます。
そのため、横方向に奥行きを作り、広く見える部屋づくりを徹底しましょう。

□まとめ

今回は、横長の土地のメリットや、横長の土地を活かした間取りの考え方について解説しました。
細長い部屋は奥行きがあって広く見えるため、細長い住宅には細長い部屋を配置するのがセオリーといえるでしょう。
この記事がお役に立てますと幸いです。

雨の日でも楽しみ方は色々♪♪

2023.06.28

こんにちは😄
いつも大変お世話になっております🙏

最近雨ばかりですがお家の中は快適で編み物をしたり
ももちゃんと遊んだりして楽しく過ごさせて頂いてます😊

 

30キロになりました🐕

 

主人は最近ベーコンやハムやスモークチーズ作りにハマっていて雨の日でもウッドデッキで出来るので楽しんでいます😋🥓🧀

作っちゃうんです!
しかも美味く作っちゃうんです!

このお家に住んでから
どんどん色んな事に挑戦しているみたいです!
大概は食べ物に関係している事ですが🤣🍖

シンプルなデザインの注文住宅が人気の理由とは?外観を決めるポイントを解説します!

2023.06.21

住まいの発見館会社ロゴ

自由度の高さが魅力の注文住宅ですが、その自由度の高さが住宅のデザインに悩む原因にもなってしまいます。
注文住宅を検討していて、まだテーマも決まっていない方も多いでしょう。

そこで今回は、人気のテーマであるシンプルモダンを紹介します。
外観を決める際のポイントまで解説するので、最後まで読んでいただけますと幸いです。

□シンプルなデザインの注文住宅が人気の理由

1つ目の理由は、流行に関わらず人気なことです。
シンプルモダンはスッキリとしていて無駄がなく、落ち着いていてクールな印象に仕上がります。
無駄な装飾がなく主張する物が少ないため、流行に左右されずに一定の人気がある点がメリットでしょう。
おしゃれな雰囲気を楽しみつつ、長年愛せるような住宅を求める方におすすめです。

2つ目の理由は、ランニングコストが比較的低いことです。
シンプルモダンの外観は複雑な構造を持たないため、外壁塗装の塗り替え費用が安くなる傾向にあり、日々のメンテナンスも楽になります。
外壁が平坦なため劣化も均一に進みやすく、同時にメンテナンスしやすい点がメリットでしょう。

3つ目の理由は、周辺環境になじみやすいことです。
周囲の家に対して派手過ぎる家は、浮いた印象を与えてしまいます。

一方でシンプルモダンは落ち着いた雰囲気のため、環境を選びません。
様々な場所に建てられることから、採用例も多くなっています。

□外観を決める際のポイント

1つ目のポイントは、写真や絵を用いてイメージを伝えることです。
注文住宅のデザインでは、ご自身や家族のイメージと、担当者のイメージをすり合わせ、できるだけ近づけることが大切です。
口頭で伝えるだけでなく、写真や絵を示してあげると、相手も具体的なイメージを掴みやすいでしょう。
建築会社の施工事例や、SNS上の写真でもよいので、気になっている写真があれば保存しておきましょう。

2つ目のポイントは、疑問や納得いかないことはすぐに質問することです。
外観デザインは、デザインの段階で納得するまで考えましょう。
というのも、注文住宅の外観は施工後に修正しにくく、追加費用がかかる場合があるからです。
仮に妥協する場合も、必ずご自身や家族が納得できるまで話し合いましょう。

□まとめ

今回は、シンプルモダンなデザインが人気の理由や、外観を決める際のポイントについて解説しました。
シンプルモダンはおしゃれで、無駄がない分メンテナンスも楽になることがメリットです。
注文住宅の外観は担当者との話し合いが非常に大切なため、入念に話し合いましょう。

注文住宅に吹き抜けはアリ?ナシ?メリットやデメリットを解説します!

2023.06.17

住まいの発見館会社ロゴ

様々な要望や憧れを叶えられる注文住宅ですが、吹き抜けに憧れる方も多いのではないでしょうか。
吹き抜けは採光や風通しの面で優れるため、明るく開放感のある家にしたい方におすすめです。

一方で、吹き抜けにはいくつかのデメリットもあります。
今回は、注文住宅で吹き抜けを設けるのはアリなのか、ナシなのか、吹き抜けの特徴から解説します。

□注文住宅で吹き抜けを設けるメリット

1つ目のメリットは、開放感が生まれることです。
吹き抜けを設けることで天井が高くなるため上下方向に空間が広がり、開放感が一層に感じられます。
天井が高いことで圧迫感が少なくなり、ゆったりとくつろげる空間になるでしょう。

2つ目のメリットは、採光面に優れることです。
吹き抜けの上部に窓を設けることで、高い位置から光を取り込めます。
光を取り込みにくい北側の部屋でも、明るい空間になるでしょう。
また、日中の電気代を抑える効果もあります。

3つ目のメリットは、家族の気配を感じられることです。
吹き抜けが2階やロフトまで繋がっていると、異なるフロアにいる家族の存在まで感じられるでしょう。
例えば2階の自室にいる子供に1階のリビングから声をかけられるため、コミュニケーションの抵抗が少なくなります。

一方で、家族の距離が近くなることで、プライバシーが保てなくなることに注意しましょう。

□注文住宅で吹き抜けを設けるデメリット

1つ目のデメリットは、熱が逃げやすいことです。
上下方向に大きな空間があるため、空調が効きにくくなってしまいます。
暖かい空気は上に移動する性質があるため、特に冬場の暖房の熱が逃げやすいでしょう。
対策として、空気をかき混ぜるサーキュレーターを配置すると良いでしょう。

2つ目のデメリットは、2階やロフトが狭くなることです。
天井まで貫く空間を設けるため、2階やロフトに使える床面積は少なくなってしまいます。
吹き抜けのデッドスペースは活用しにくいため、吹き抜けを設ける余裕があるか考えましょう。

3つ目のデメリットは、掃除しにくいことです。
吹き抜けの天井付近の場所は、専用の掃除道具を使うか、業者に依頼して掃除してもらう必要があります。
照明の汚れが気になる方には、あまりおすすめできません。

□まとめ

今回は、注文住宅で吹き抜けを設けるメリットやデメリットについて解説しました。
吹き抜けはメリットが多い一方で、人やケースによっては致命的になるようなデメリットもあります。
この記事がお役に立てますと幸いです。

お食い初めと初節句。暖かくなり家族で集まる時間が増えてきました♪♪

2023.06.16

5月5日に息子が生後100日を迎え、お食い初めと初節句を行いました。
自宅で両家祖父母を招いてお祝い♪
これからもすくすくと成長しますように!

広いリビングは家族7人で座っても全然余裕があります。家族が集まる場所として、広くしてよかったなあと思っています★

5月は暖かい日も多かったので、猫たちは、外に出られるスペースで日向ぼっこしていることも多いです!
ウッドデッキに猫用ケージを置いて、窓が空いているときは自由に外を見られるようにしています!
みんな体が大きくなって来たのでキツキツですが笑、それぞれのお気に入りの場所でくつろいでいます♪

あとは久々に無垢材の床にワックスがけをしました!
子供が生まれてなかなかできませんでしたが、ワックスかけると床が光って気持ちがいいですね♪

来月は薪ストーブの片付け&掃除をしようと思っています♪
頑張るぞー!

ナチュラルテイストの家はどんな家?家づくりのポイントを解説します!

2023.06.13

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅は自由度が高く、個性や嗜好を取り入れやすい点が魅力ですよね。
自由度が高く選択肢が多いため、テーマがなかなか決まらない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのテーマとしてナチュラルテイストを提案します。
木の素材感を残した温かみのある雰囲気で、多くの人に好まれるデザインです。
今回は、ナチュラルテイストの概要や、近づけるためのポイントについて解説します。

□ナチュラルテイストの家とは

ナチュラルテイストとは、自然の雰囲気に仕上げるテイストを指します。
そのため、自然素材である木や、レンガを中心にデザインしていきます。
ナチュラルテイストは和室とも相性が良く、和室の場合は和紙や畳を中心に仕上げます。
和室以外にもモダンやフレンチなど、様々なテーマと相性が良いことがメリットでしょう。

シンプルな自然素材を使う分、素材によって雰囲気が大きく異なります。
例えば木なら、白に近く柔らかい素材があれば、黒に近く固い素材もあります。
素材に幅があるため、デザインに迷いやすい点に注意しましょう。
ナチュラルテイストと他のテーマを組み合わせる場合は、そのテーマに合わせて自然素材を選ぶと良いでしょう。

□ナチュラルテイストに近づけるためのポイント

他のテーマを取り入れず純粋なナチュラルテイストにする場合は、内装を自然の色で統一することが大切です。
例えば草木の色であるグリーンや、石の色であるグレー、砂のイエローなど、自然に存在する色でまとめると、落ち着いた雰囲気に仕上がります。

カーテンやクッション、ラグにも自然素材を取り入れられると、さらに良いでしょう。
例えば、木綿や麻製のものが良いでしょう。
自然素材の物は、使い込むことで生地が柔らかくなり、色も変化します。
室内の雰囲気に合わせて、落ち着いた淡い色を選びましょう。

内装を自然の色で統一している中に、アクセントとして明るめの色を取り入れても良いでしょう。
差し色程度にとどめたい場合は小物類をアクセントとして取り入れ、ベースカラーの他に取り入れたい色がある場合はソファや収納など、少し大きめの家具に明るい色を取り入れましょう。

□まとめ

今回は、ナチュラルテイストの概要や、ナチュラルテイストに近づけるためのポイントについて解説しました。
木やレンガなどの素材を生かすことが大切なため、内装にはできるだけ自然色を使いましょう。
自然色だけで物足りない場合は、小物や大きめの家具などに明るめの色を取り入れましょう。

注文住宅のデザインに後悔しないための失敗例と注意点をご紹介します

2023.06.09

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅といえば、自由度が高くて様々な要望を叶えやすいのが特徴ですよね。
こだわって考えたデザインを反映するのも、注文住宅の醍醐味でしょう。

しかし、初めての注文住宅設計でお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回は初めて注文住宅を建てる方に向けて、注文住宅でよくある失敗例や、後悔しないためのポイントについて解説します。

□後悔しがちな注文住宅のデザイン例をご紹介!

1つ目の失敗例は、リビングの窓に関する失敗です。
光を存分に取り入れるために大きな窓を設ける方がいらっしゃいますが、大きすぎる窓はかえって不便になってしまいます。
窓が大きいと壁面が少なくなり、収納やテレビなどを置くスペースが減ってしまいます。
家具や収納を置くスペースを確保した上で、大きな窓を取り入れましょう。

2つ目の失敗例は、吹き抜けです。
吹き抜けに憧れる方は多くいらっしゃいますが、熱が逃げやすい点に注意しましょう。
暖かい空気は上の方に溜まりやすく、暖房で温めた空気が吹き抜けの上の方に逃げてしまいます。
吹き抜けを設ける場合は冬の寒さ対策として、シーリングファンを使うと良いでしょう。

3つ目の失敗例は、対面キッチンです。
リビングにいる家族とコミュニケーションが取りやすいことで人気の対面キッチンですが、通路が狭いためゴミ箱や収納を置くスペースが少ないことがデメリットです。
限られたスペースに家具や収納を収めるために、事前にキッチンに配置する物を決めておきましょう。

□注文住宅で後悔しないためには?

1つ目のポイントは、丁寧に打ち合わせすることです。
打ち合わせでご自身や家族のイメージと、担当者のイメージをすり合わせておかないと、完成後にイメージが食い違ってしまう場合があります。
また、吹き抜けや大きな窓のように、問題点がある場合は諦めるか、対策を施す必要があります。
家族が納得できるまで話し合いましょう。

2つ目のポイントは、将来の生活スタイルの変化も見据えることです。
今後お子さんが生まれる場合や、小さなお子さんがいらっしゃる場合は、生活スタイルが大きく変わるでしょう。
その変化に対応できるように、収納や間取りの面で工夫しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅のデザインでよくある失敗や、後悔しないためのポイントについて解説しました。
人気のデザインや間取りでも、デメリットが存在します。
これらのデメリットを受け入れて対策するのか、そのデザインを諦めるのか、慎重に考えましょう。

8月3日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード